話題のみんなで大家さん|安全性の高い不動産投資が可能です

安定収入が確保できます

マンション

契約条項をチェックしよう

賃貸物件を保有しているのであれば、サブリースも考えましょう。サブリースとは、空室になっても家賃を保証してくれる契約です。但し、転貸の形を取るので、相場家賃よりも若干低い家賃での契約となることが一般的です。サブリースのメリットは、空室になっても収入が途絶えないということです。不動産投資において、最も大きなリスクは空室です。サブリースはこの空室リスクの心配をする必要がなくなるというわけです。サブリースというと、数年後に家賃が大きく下がるのではないか、という心配をする人もいます。確かに、更新の時期に保証家賃が大きく下がるケースもありますが、そのようなケースは、そもそも賃貸需要の弱い郊外の賃貸物件等が契約の対象となっている場合です。都市の中心部等のように賃貸需要の強いエリアであれば、サブリース契約をしていても家賃が更新の度に下がるということはあまりありません。なぜならば、保証家賃と周辺の平均家賃が大きくかけ離れてしまうと、オーナーがサブリース契約を解約して、通常の貸し出しにするか、もっと条件の良いサブリース契約をするという動きを取りかねないからです。サブリース契約をする際には1点だけ注意が必要です。それは中途解約についての規定です。中途解約をすると賃料の数ヶ月分を違約金として取られるケースもあります。契約をする際には、この点について十分に注意しておけば、後々にトラブルになることもありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加