話題のみんなで大家さん|安全性の高い不動産投資が可能です

基本の仕組みと応用

背広の人

立替払いによって成立

オーナーが賃貸保証会社と契約していると入居を希望した人はその保証会社との契約をすることになります。義務になるか選べるかはオーナーと賃貸保証会社との契約内容次第ですが、入居時に契約することによって保証料を支払うことになるでしょう。この契約によって入居した人が家賃を滞納した場合には賃貸保証会社が家賃をオーナーに対して立て替え払いしてくれるというのが基本的な仕組みです。この時点で家賃は納めてあるという状況になりますが、入居者は賃貸保証会社に対して負債を負うことになります。その徴収を行うために賃貸保証会社は入居している人に対して請求を行うという形で成り立っているのが家賃保証です。この仕組みによってオーナーは滞納があっても収入を維持することができます。地帯保証会社は一時的に損失を作ることになりますが、保証料からそれを補填しているのが一般的です。滞納が続く場合には利子がついて最終的に徴収する金額が大きくなることもありますが、できる限り穏便に済ませようと考えてくれる会社が多くなっています。このような仕組みがあると入居者募集に役に立てることが可能です。家賃の滞納によって収入がなくなるのを防ぐために連帯保証人を通常は要求しますが、その必要性がなくなります。また、お金に困っていてもしかすると滞納するかもしれないという人も受け入れられるでしょう。そのようなメリットを生み出せる仕組みになっているのが家賃保証なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加