話題のみんなで大家さん|安全性の高い不動産投資が可能です

入居希望者の立場を考慮

男女

初回保証料と更新料の検討

収入について心配の少ない賃貸経営を行うために有用なのが家賃債務保証です。家賃などの毎月の支払いが滞ってしまったときに、保証会社が代位弁済を行ってくれるため、家賃債務保証に入っておけば空室が増えない限りは収入を確実に確保することができます。家賃債務保証に入るときに重要なのが、それが入居希望者にとって極力不利な条件にならないように心がけることです。通常、保証を行ってもらう業者に対して保証料を払うのは入居者であり、費用負担を強いなければなりません。連帯保証人が不要になる点で入居希望者にもメリットはありますが、もともと連帯保証人がいる人の場合には保証業者を利用していない物件よりも住むのに費用がかかってしまうことになります。その点に留意して活用しないと入居希望者が契約を断念する原因にもなるので注意しましょう。入居者は初回契約の際と契約更新の際に費用負担が生じることになります。入居希望者の立場になって、少しでも安くできるように業者を選んでおくのが賢い考え方でしょう。通常は初回契約時にかかるのは家賃の半額前後、更新時にかかるのが家賃の2割前後です。しかし、費用体系は業者によって大きな差があり、家賃に関わらずに定額にしている場合もあります。特に高額の物件を持っているときには家賃債務保証の有無で初期費用も更新費用も高くなってしまうのは確かであり、家賃に依存しないのがメリットになる可能性もあるので考慮するのが賢明です。

このエントリーをはてなブックマークに追加